FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラバーゼの水切りかごに変えて

新築と同時に使用始めた水切りかご。
当時は、食洗機や水切り棚があるのだから、かごはサブ的に使用するものだと思っていました。

よって、選ぶ時に重要視したことは、

「たためて収納できるもの」ということでした。




あれから4年半。
水切りかごは必須アイテムで、毎日活用中(>_<)


150531-1


鍋、ホームベーカリーのケースはもちろん、
日常化されている、水筒、タンブラー、保育園に持参する弁当箱、フォークなどなど
食洗機で洗えないものは、年々増えていき、


毎日、崩れやしないかと、ヒヤヒヤするプチストレスと、
箸ケースなど細かいものが、ワイヤーの隙間から落ちるプチストレスとで
水切りカゴを変えたいなと半年ぐらい考えていました。


行き着いたところは、ココ。




憧れのラバーゼです。
気にはなっていたけど、水切りカゴにここまでお値段かけるの?って思っていたので(^-^;


でも、毎日使用するもので、プチストレスを解消するもの・・・

と考えたら、お値段なりの価値があるような気がしまして。


で、半年悩んでいたのは
「横置き」「縦置き」どちらのタイプにするのか、決められず(-_-メ)


150531-2


以前使用していたカゴより、大きくなるのは明らかだったので、
どちらのスペースを優先させるのかで、悩みました。


手前があけば、食洗機に出し入れする、補助スペースに。
まな板で切るスペースを、子供に占領された時も、
ちょっとここで、調理することも可能です。


でも、カゴの左側も、冷蔵庫のものを出し入れする、貴重なスペースでもあり。


結局冷蔵庫の出し入れの方が多いので、カゴ左を優先する「縦型」タイプに決定となりました。


そんなこんなで決心して購入したもの。

大きさの比較。
150531-3

古いものより随分大きいのがわかります。


でも・・・

150531-4


マットなステンレスの素材。
細かな編み目(?)
クロスがないのでスッキリ見えますし、
クロス部分にたまる汚れのことも、気にしなくてよくなりそうです。


ちょっと戸惑ったのはココ。

150531-5

今までは、水切りトレーの中に、脚が入っていたので、
トレーを下を掃除する際にも、トレーを持ち上げるだけでよかったのですが、

ラバーゼは、カゴの脚は、トレーの中に入っていないので、
時々、トレーがカゴ下に命中していないことが。汗(←私が乱暴なのでしょうか・・・)

意外と水が周りに飛んでいることがあります。


それでもやっぱり、美しい。

150531-6

思ったより、手前のスペースも空いていました。


一番のストレスだった、雪崩恐怖症も・・・
150531-7

これなら大丈夫☆


そして、意外に大活躍だったのが、小物トレー。
邪魔だったら外せばいいやと思っていたのに、大活躍!

細かいものを別に乾かすことができるということが、こんなり便利だったとは!

150531-8


今まで1、2本洗うためだけでも食洗機に専用のかごを入れて洗っていたピックも、
この水切りカゴなら、乾かすことが可能。

調子に乗って、鉄フライパン用の「ささら」まで干してしまったり。


ラバーゼ、お値段の価値アリ、人気アリ、の意味がよーくわかりました。


今は、奥のシンク掃除用のスポンジを撤去し、
ペットボトル干しを横にずらして、手前の空間も確保しています。


150531-9



こうなると、今までの悩みは何だったのか~?!笑。


このペットボトル干しも要らなくなるのではないかと、薄々感じてきています。


シンプル イズ ベスト!



途中、TVで工藤静香の懐かしい歌が流れてきて、熱唱してしまったため、
時間かかってしまいました(^-^;
中島みゆきの「時代」も泣ける~(完全に酔っ払い)





☆ランキング参加中です↓☆参加カテゴリー変更しました。
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
プロフィール

まむかな

Author:まむかな
義両親との二世帯生活。
「嫁」しながら家事・育児・仕事の4本立て暮らしを送っています。
バタバタしているけど、自分の「幸せなひととき」を見つけられる生活を模索中です。

参加しています
カウンター
最新記事
カテゴリ
最新コメント
Check
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。